バイアグラ系ジェネリック(国内外)とは?

バイアグラのジェネリック医薬品とは?

バイアグラは現在においてはファイザー製薬がもつ商標登録しているED治療薬の商品名です。
世界で初めて勃起力不全へ効果がある薬として発売されたお薬です。
バイアグラの特許は2014年5月時点で既に保護が終了しているため各医薬メーカーから同有効成分のシルデナフィルの製造・販売がされています。
現在、世界中の様々な医薬メーカーから「シルデナフィル」製品が後発薬ジェネリックとして正規販売されています。

バイアグラのジェネリックがそれぞれ商品名を有するのはバイアグラはファイザー製薬により商標登録されているためです。バイアグラはある種、ブランド名となっているため、発売当初は高価格であったためブランド力もありバイアグラの偽物・模造品が流通した経緯があります。

オーストラリア版のバイアグラ

バイアグラのファイザー製薬は世界中に製造工場を持っている為、米国版、オーストラリア版などとパッケージが異なる製品もありますが、これらも「正規品」です。


特許が保護されなくなったジェネリックとは?

ジェネリック医薬品とは後発薬品として新薬の後に製造・販売が開始されています。
新薬は膨大な研究費、期間をかけて新薬開発をしますが、中には途中で頓挫するなど、それまでかけたコストが無駄になる場合もあります。
製薬メーカも慈善事業ではなく営利目的で行っている為、開発期間が10数年から数百億円の開発費用をかけている事もあり新薬メーカーにとっては、製薬特許で保護される事は死活問題でもあります。
しかし、ジェネリック薬品に関しては発見・開発された成分を流用する事ができますので、必要なのは設備や製造方法などと先発薬と同じ効果・効能・安全性が確認できるだけです。
掛かる費用としてはお国によって異なるでしょうが、数千万円で新薬開発の数百億円に比べれれば、低いコストで製造・販売が可能となります。
これらにより、製品価格に含む必要となる初期コストが低くなるので製品価格が新薬よりも非常に低価格で流通される事が可能となります。
実際、開発費用は膨大にはなりますが、実際の各医薬品の原価は数円/錠なども異常ではありません。
ですので、安いからといって品質に問題があると決めつける必要はありません。
現在はインドの主要な医薬メーカは大手として株式上場もしており信頼性を得る企業努力をしていますので、安心できる国の一つでしょう。製造コストが低く抑えられる国ではありますが、いずれ人件費などが高騰すれば製造拠点が代わる事で品質の問題が出てくる可能は考慮しておく必要があるかもしれません。

インド製のバイアグラジェネリックとは?

インド政策として国際的な製薬特許が無視され続けた国です。といってもインド国内では合法なのですから堂々とコピー作業が可能です。
これは貧しい国の国民が最新の医療が特許で守られ治療には高額費用掛かれば、助かるはずの命も助からないという事でしょう。
新薬メーカにとっては、とても痛い話です。新薬として膨大な費用をかけて創られたお薬が翌日には合法的に同じ効果・効能のお薬が流通する可能性があります。

カマグラゴールド(KAMAGRA GOLD)

カマグラゴールド100mg

インドのアジャンタファーマ社(株式上場)が製造・販売している。主成分のシルデナフィルはバイアグラと同じ。違いはパッケージと錠剤の形状になり、更に先発薬にはない改良が加えらているカマグラシリーズも製造・販売されている。後発薬として競争力をつけるために新薬にない機能性、追加効果がされています。水無で服用が可能なカマグラオーラルゼリー、カマグラPOLO、早漏防止機能追加のスーパーカマグラなど様々です。いつの間にか先発薬の性能を超えてしまった感がある印象です。デメリットはインド製という事の印象だけでしょう。

アメリカFDA(食品医薬品局)から複数品の商品のジェネリック認定を受けており「バリフ、カマグラ、タダリス」等のED治療薬分野では知名度が高く知られている。

参考資料:カマグラゴールドとは?

カベルタ(CAVERTA)

カベルタも同様にバイアグラの後発薬品。インドの大手製薬会社のランバクシー・ラボラトリーズ社が製造・販売しています。同社は2008年に第一三共株式会社に買収されましたが、様々な問題によりサンファーマとの合併し、ジェネリック医薬品分野では世界比較でもトップ10に入るほど成長しており1973年に既に株式が公開している歴史ある医薬メーカーです。

デグラ(DEGRA)

デグラ(DEGRA)もバイアグラジェネリックの1つでトルコに製造拠点をもつディーヴァ・ホールディングス(Deva)により製造・販売されています。創業が1958年の歴史ある企業です。
ディーヴァ者は腫瘍学、心臓病学、呼吸器系、眼科学をはじめ13の治療分野で約400を超えるの成分を扱っています。世界50か国以上で500以上を超える販売承認を取得し、製薬工場の欧州のGMPと米国のFDAの基準を満たしている等、客観的な信頼も取得し世界的に医療マーケティングにも強いメーカーです。比較的バイアグラより安価で品質面で信頼のおけるメーカを選択したいのでしたらデグラもお勧めです。

バイアグラの国際版

バイアグラは米国のファイザー製以外にも生産拠点が異なる日本版、オーストラリア版もあります。

こちらはオーストラリア版のバイアグラですが、50mgと100mgの2つのタイプがありますが、パッケージが異なるだけのモノです。
日本製のバイアグラもありますが、こちらは日本市場(規制)に合わせた25mgと50mgの2つのタイプとなります。
世界標準では100mgが最大錠となっていますが、日本では50mgまでの製造認可を得ていますので、この点が異なります。

日本のジェネリック・バイアグラ

日本メーカ各社のシルデナフィル錠

日本版のバイアグラがあるようでに、日本でも各医薬メーカーからジェネリックが発売されています。
日本では各社メーカもパッケージや錠剤の形状等での違いはありますが「カマグラ」や「デグラ」のような名称ではなく成分名称を取った「シルデナフィル錠」の商品名称としてジェネリックが提供されています。
様々なメーカから販売されていますが一般の人にはあまり馴染みがないですね。
(参考URL:各社シルデナフィル錠を販売している日本メーカ
ジェネリック成分の原薬も結局は中国やインドからの輸入も多いのため、違いといえば製造管理方法になります。
カマグラで有名なスーパーカマグラ(早漏防止成分追加)のような成分追加など違いはないので、メーカーによって効果の違いは絶対にないはずですので、ED治療薬は価格で決定で良いはずです。
*もちろん、身体の定期検査は忘れずに!
ED治療は保険適用外なので薬代も実費です。ジェネリックもクリニックによって費用がバラバラですが、バイアグラの2/3位の価格差で処方してもらえるようです。

なぜED治療は全額自己負担なのか?バイアグラ治療が高価の理由

バイアグラ同様にジェネリックの処方は全て自由診療で全額治療費が自己負担になります。
バイアグラにしてもカマグラの位置づけは「生活改善薬」であり継続服用しても「根本的な治療」にはつながらないからです。いくら先発薬のバイアグラを毎日服用しても根本的な原因は改善されず、服用を止めれば元に戻るからです。これらは避妊ピル、AGA治療、睡眠薬、ダイエット薬、禁煙薬なども基本は同様に保険適用外になります。
*禁煙パッチなどは制限付きで保険適用になっている。
このように原価数円/錠のお薬も保険適用外なので医師や薬剤師が介入する事で高価になりなりがちです。

薬以外にかかる費用

結局、ED治療の病院コストは医師のさじ加減の面があります。初診料、診察料なども別途、ある程度、自由に設定ができるので、初診料を無料して薬代を高くするなど、また、医薬効果が確認されてない自家製ブレンド・サプリメントをオプション販売させられたりED治療薬コストが高になりがちです。
薬が無くなっても薬の処方だけはしてくれずに診察(料金)も発生するなど薬代の生涯計算をしてみれば、驚くほどの金額なります。
特にネット情報を手軽に検索できない年代、世代の人たちは狙われがちですね。
少しネット通販が出来る人ならば、お薬は海外のジェネリック薬品の需要にもつながるのです。
バイアグラ・ジェネリックならば通販購入ならば100円/錠前後で購入できる。しかも、送料込みで自宅に届けてくれる。これが病院処方のジェネリックでも1,000円/錠程度とされています。

バイアグラジェネリックの25mgと50mg、100mgの違い

先発薬のバイアグラの主成分であるシルデナフィルの配合量だけの違いで違いは何もありません。
成分が多いだけ強い効果が期待できます。
ですが、2倍の成分量を飲めば二倍硬くなる訳でもありません、ので初めは少ない量で適量から開始する必要があります。日本では50mgまでが認可されてますが海外では正規品でも100mg/錠で製造・販売されています。
また、気になる費用面ですが、特に海外ジェネリックに顕著ですが、50mgも100mgも価格差は殆どありません。
ですので、手間を惜しまないコスパ重視の方は100MGを分割して利用しているようです。

50mgと100mgの価格の違いの差は5円/錠程度

例:三越屋のカマグラ
カマグラゴールド50mg(2,230円/28錠)/80円
カマグラゴールド100mg(2,380円/28錠)/85円

海外(国内)ジェネリックの効果持続時間、副作用

先発薬もジェネリックでも同じシルデナフィルを主成分としていれば、効果持続時間、副作用共に全て同じになります。
これらはジェネリック代表格のカマグラゴールドと同じですので以下をご覧ください。

もし、やはり海外ジェネリックがご不安な方は一度、泌尿器科やED専門クリニックにご相談下さい。

今の海外ジェネリックは一昔前と違います。

まずは現代の医学でもEDを完治するのは難しくなっています。ED治療薬は生涯利用するお薬としてお考えいただければ自ずと応えが出ると思います。

ED治療・生涯費用計算

カマグラゴールド100mg

日本では病院で自由診療で保険適用なので費用は自由に設定できます。
クリニックによっては診察料を低く抑えて、薬代を高くしたりしたりもしています。
ED治療薬はだいたい2,000円~3,000円/錠ほどとではないでしょうか。

単純計算でも10年で95万円~144万円で30歳半ばの人が定年まで現役ならば30年以上はED治療薬とのお付き合いになりますね。

4回/月
費用(錠)
費用(月)
費用(年)
費用(10年)
費用(20年)
費用(30年)
・カマグラゴールド
(ジェネリック)
2,000円~3,000円8,000円
~12,000円
9万6千円
~14万4千円
95万円
~144万円
190万円
~288万円
285万円
432万円
・クリニック100円400円4,800円4万8千円9万6千円14万4千円

参考資料:
シルデナフィル – wikipedia
勃起不全 – wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です